TOP > 所在調査

所在調査(兵庫県加東市)

イメージ 年々、お子様の家出、夫や妻の蒸発、失踪が増加傾向にあります。 残された家族が警察に届けたとしても、重大な事件との関連性や人命に関わる危険性でもない限り捜索されることはなく、一般的には書類上の手続きだけに終わってしまいます。そのような状況から真剣に所在を探そうとされる方々が、当社にご相談いただくケースが増えています。

 当社では、対象者が家出にいたるまでの経緯やこれまでの交友関係、普段よく立ち寄っていた場所など参考となることを詳しくお聞きし、その情報を元に綿密な捜索で所在を判明していきます。

 とくにお子様の家出の場合は、インターネットや携帯ゲームサイトの掲示板等で知り合っただけで、一度も面識もないような人物宅を渡り歩き、トラブルに遭遇し、犯罪や事件に巻き込まれるといったケースが増えております。

 被害が大きくなる前に早急に所在を判明させることが大切になってきます。当社では、そのようなケースにも対応し、緻密かつ迅速な調査活動によって、多くの案件を手掛け解決してまいりました。

 当社は、ご依頼者との連絡を密に行い、また一刻も早く探し出したいご依頼者の立場に立って、迅速な調査を行ってまいりますので、まずはお電話下さい。

兵庫県加東市について

兵庫県中部にある市。2006年(平成18)3月、加東郡社(やしろ)町、滝野(たきの)町、東条(とうじょう)町が合併して市制施行、加東市となる。北は西脇(にしわき)市、東は篠山(ささやま)・三田(さんだ)・三木(みき)の各市、南は小野(おの)市、西は加西(かさい)市と接している。なお、加東市の誕生に伴い、加東郡は消滅した。市域の北部から東部にかけては山間・丘陵地が広がる。西部を加古(かこ)川が南流し、三草(みくさ)川を合わせる千鳥(ちどり)川が中央部を、東条川が東端部を流れる。南西部では加古川の河岸段丘と沖積平野が形成され、播磨平野に続く。加古川の西岸をJR加古川線、東岸を国道175号が縦断、三草川沿いに372号が通じる。中国自動車道が横断し、ひょうご東条、滝野社の両インターチェンジがある。市の北東部から篠山市にかけては清水東条湖立杭(きよみずとうじょうこたちくい)県立自然公園の指定域。

興信所雇用調査浮気調査興信所